• <td id="qquuu"></td>
  • <menu id="qquuu"><center id="qquuu"></center></menu>
  •    中國語  日本語

    故宮や中國國家博物館が続々と2020年日めくりカレンダーをリリース
    2019-10-30 15:15:39   來源:   評論:0 點擊:

    故宮出版社と新東方教育科技集団が共同で打ち出した2020年「故宮カレンダー」(青少版)が28日、故宮博物院で発表された。故宮博物院は、「故

    故宮出版社と新東方教育科技集団が共同で打ち出した2020年「故宮カレンダー」(青少版)が28日、故宮博物院で発表された。

    故宮博物院は、「故宮カレンダー」を通して、故宮の所蔵品を紹介し、故宮文化をPRしている。今回、故宮出版社は新東方の小學國語教育研究チームと共同で、定番の「故宮カレンダー」のスタイルやコンテンツを保ちながら、數多くの文獻?資料を參考にして、深い研究開発を行い、2020年「故宮カレンダー」(青少版)を打ち出した。同カレンダーは、1日一つ故宮関連の知識を紹介しており、600年の歴史を誇る紫禁城を生きた教材として、青少年に、歴史や知識を楽しく學んでもらえるようになっている。そうすることで、青少年に、優秀な中國の伝統文化に興味を抱き、それを勉強したいという意欲を持ってもらうのがねらいだ。

    中國國家博物館には文化財140萬點以上が所蔵されている。所蔵されている文化財のジャンルは幅広く、非常に精巧で、それらは5000年も引継がれ続けてきた輝かしい中華文明の生きた証と言える。

    10月に発売された「國博カレンダー2020年」では、中國國家博物館が所蔵する文化財が紹介されており、「國博カレンダー2019年」同様、荘厳なスタイルが引き継がれている。紹介されているのは、厳選された文化財366點/セットで、その畫像や資料は専門家?學者の厳しいチェックをクリアしたものばかりだ。例えば、非常に精巧なつくりで美しい、紅山文化の象徴?中華第一龍、後漢時代の撃鼓説唱陶俑、宋?元?明?清の時代を代表する素晴らしい磁器、書畫、古籍善本など、12の時代に生まれた輝かしい文明を反映する文化財となっている。また一月は「一元復始」、二月は「萬象更新」、三月は「春和景明」など、12の時代全てにテーマが設定されている。1日に一つ素晴らしい文化財を紹介しており、コレクションとしての価値があるほか、貴重な歴史的文化財を知る機會ともなる。
     

    陝西歴史博物館も彩陶をテーマにした2020年のカレンダーを打ち出している。そこには、中國全土の20省?區?市の文化博物機関50機関が所蔵する彩陶約360點が納められており、5000年前の中華のさまざまな地域で、彩陶を通して展開されていた文化交流をそこから垣間見ることができるほか、中華文化が形成される過程で彩陶が果たした重要な役割、後世の物質文化に與えた大きな影響が反映されている。

    相關熱詞搜索:

    上一篇:中國初の5G物流パーク、人?荷物?場所のスマートな連攜を実現
    下一篇:習近平國家主席が輸入博覧會に出席、関係國首脳と會談へ

    分享到: 收藏
    恋爱的味道,久久伊人精品青青草原高清,精品日本一区二区三区免费
  • <td id="qquuu"></td>
  • <menu id="qquuu"><center id="qquuu"></center></menu>